シアリスの偽物は見分けるのが難しい

ED治療薬としてはバイアグラがよく知られていますが、シアリスもED治療薬として用いられています。
シアリスの有効性は投与してから36時間と言われていますので、夜服用すると翌々日の昼まで作用が続き、また体内に吸収されれば食事(ただし800kcalまで)の影響を受ける心配もありません。
シアリスは医療機関にて処方してもらえますが、保険は適用されず全額自己負担となります。
またニトロ系の狭心症治療薬を服用していたり、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を半年以内に発症していたりすると、シアリスの処方はできません。
さらにシアリスを個人輸入される方もいらっしゃいますが、医療機関での処方とは異なり、個人輸入の場合は偽物を手にしてしまう可能性が高くなっています。
日本国内では医師の処方の元、5mg錠・10mg錠・20mg錠の3種類のシリアスが販売されており、海外では2.5mg錠・5mg錠・10mg錠・20mg錠の4種類が販売されていますが、偽物では50mg錠や100mg錠といった規格のものが出回っています。
こうした偽物は日本での販売が始まったのとほぼ同じ時期から出回っており、いずれもとても巧妙に作られていますので、本物と見比べて初めて偽物であると分かる場合が多く、それ単体では偽物であると判断するのがかなり困難です。
偽物は本物として販売されている以外に、ジェネリックとしても売られており、騙されて購入する方も少なくありません。
個人輸入では安く手に入れることができるかもしれませんが、健康被害が出るリスクを冒すのは本末転倒ではないでしょうか。
シアリスを利用するのであれば、きちんと医療機関で処方してもらうようにしたいですね。

■このサイトで価格を比較
バイアグラ通販の口コミ・体験談
■勃起薬を安く手に入れたい方は
カマグラゴールド(バイアグラジェネリック)がおすすめ!
タダシップは長く効く人気の薬です

ページトップへ